LIFE NOTE

ライフノート

【レストラン】「本日のパスタ」と勉強するということ

 

 

本日のパスタ

 

久しぶりにシェフが作ったパスタをいただき

楠倶楽部レストランのオープンした16年前を思い返しました。

オープンは楠倶楽部が開業してから1年半後。

2005年の7月。現シェフの料理に惚れて夏季限定の営業からスタートしました。

当時、イタリアンの知識がなかった私は

料理長が修行した東京のレストランや

東京、名古屋、大阪、京都。様々なレストランへ行き

様々なことを吸収したり

したことのない料理を始めてみるなどして、

少しでもシェフの作った料理をより良く、お客様へお伝えできるよう

勉強したことを思い出しました。

勉強というよりも、休みの度に次ぎはどこのお店に

行くかを考えたり、料理の本を読んだりすることが

楽しくてたまらない時期でした。あの時があったから

曲がりなりにも料理に関わる企画が立てられるようになったとのだと思います。

「努力は夢中に勝てない」

BEAMSの設楽社長の言葉ですが、まさにその通り。

そして現在。

本日のパスタの写真は、カメラマン見習いの張田くんが撮影。

まさに勉強中の彼がパスタが伸びてしまうプレッシャーを感じながら

短い時間で撮影してくれました。

(いかがでしょうか?)

撮影後も先輩カメラマンの意見を真剣に聞いていた彼が

夢中になって続けた写真で色々な人を幸せにする未来が

早くくることを願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楠倶楽部レストラン。11月も変らず営業しています。

千年の楠を眺めながらゆっくりとお過ごしください。