楠倶楽部 料理のご紹介❸ 新和食コース「颯々ざざんざ」

2019/04/01

新元号が発表されましたね。
「令和」 万葉集から出典された日本らしい元号となりました。
歴史や古典からは様々な学びや着想を得られます。

楠倶楽部でもこの春から、浜松や浜松八幡宮の歴史になぞらえたコース料理「颯々 ざざんざ」            のご案内をはじめました。

fin056a0844                                       「颯々 ざざんざ とは?」
六代目将軍 足利義教が
龍の如くはい延びる「浜の松」の下で「浜松の音は颯々」と謡い、人はこの松を「颯々の松」と称するようになりました。この浜の松は「浜松」の名称の起源にもなったと云われており、その石碑は現在の浜松八幡宮にあります。

浜松八幡宮を中心とした、この地の歴史に想いを馳せながらお作りした新和食コース料理を是非、お楽しみください。

fin056a0870