さなぎ時間を過ごす 全国の花嫁花婿さまへ②

2020/07/09

こんにちは。楠倶楽部ウェディングプランナーの日野咲子です。

新型コロナウィルスが蔓延する状況下で、最近では梅雨入りをし、より一層、

気持ちが沈んでしまうという方も沢山いらっしゃるのではないかと思います。

結婚式においても、式当日にどうか雨が降りませんように!とを願ってしまいますよね。

 

しかしながら、フランスでは「雨の日の結婚式は幸せをもたらす」という言い伝えがございます。

なぜならば、新郎新婦が一生涯に流す涙を神様が代わりに流してくれているからだそうです。素敵ですよね。

 

きっと今、毎日のように降り続いている雨も、結婚式が延期になり、悲しみの中にいらっしゃる

花嫁花婿の皆さんの代わりに神様が沢山涙を流してくれているのではないでしょうか?

 

また、日本にも「雨降って地固まる」という素晴らしいことわざがありますよね。

このことわざは、「雨が降ることでかえって地面が固くなる」様から、

「悪いことが起こった後は、かえって良いことが起こる」という意味です。

 

だから今を乗り越えたら、これから先は幸せな結婚式のある日々が続いていくと私は信じています。

花嫁花婿の皆さん、今は辛いけれど私たちと一緒にこの時代を乗り越えていきましょう。

 

いつか「さなぎ」が「蝶」となり、羽ばたく日を楽しみにしております。

 hino01

 

 

ウエディングプランナー

日野咲子