ウエディングブーケ

2018/10/22

前回のブログでお伝えしました、

ドレスとブーケのスタイリングをご紹介していきます。

ブーケのデザインは本当に様々。

形状や大きさ、花の種類。様々な要素を組み合わせて

一つの形ができていきます。

こちらの撮影を行った際に、フローリストのこだわりを

聞く機会が多くありました。

「目の前にある花の魅力を活かせるように繋げていく」

そんな言葉が印象的でした。

フローリストのこだわりがいっぱいのブーケデザインをご覧ください。

fin056a0334 fin056a0557

流れるようなデザインに、草木染のシルクリボンが素敵です。

fin056a0564 fin056a0370

とても大きなブーケ。大胆さと緻密さ。

fin056a0552 fin056a0550

 

そして今回の撮影で気づきました。

それは男性のブーケを持つ姿がとても素敵なこと。

fin056a0456

fin056a0429

女性では両手でしか持てないブーケを

片手で大胆に持つ姿はとても素敵です。

ブーケの発祥は、ヨーロッパでプロポーズをするために

男性がその道中で花を摘み、花束にして渡したことが始まりだという説もあります。

結婚式の中でも男性が花を持つシーンなどを生み出せたら素敵だなと思います。

結婚式の花の役割は様々。

”おもてなし”の一つであることも忘れてはいけません。

これからも様々な花の御提案をしていけたらと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。