【誓詞奏上の儀】

2018/09/03

【誓詞奏上】
誓詞奏上とは神前式で挙式をする際、新郎新婦が読み上げる連名でつづった誓いの言葉です。主に新郎が誓詞を読み、新婦は自分の名前の部分のみ読み上げます。神様への結婚の報告の後、夫婦として愛し助けあうことを誓います。

fin056a0893

堂々と誓詞を読み上げる新郎の姿に感動される新婦も多くいらっしゃいます。 こういった場面があるからこそ、あらためて「結婚をする」ということが新郎の胸にも刻まれるのかもしれません。

神前式ならではの素敵な儀式です。